冷え取りのイメージ

はじめに

「冷えとり」という言葉を聞いたことがありますか?寒いから厚着をして寒さをしのぐことといった単純なことではありません。後藤義晴先生の著書によると、「万病のもとは冷えからきているから、冷えをとることが健康につながる」ということです。冷えをとるということを実践することを「冷えとり」と呼んでいるわけなのですが、これには効果的な方法があります。寒かったら厚着をすればいいということではありません。体を温めるのに、有効な方法があるのです。

まず、基本は頭寒足熱です。それは、私たちが創造するよりもはるかに足元を暖めます。真夏でさえ靴下を4枚重ねて履くのですから。ほとんどの人が「ムリ!」と突っ込みたくなると思います。私も最初はそう思いました。でも、今は違います。あなたも、今は信じられないかもしれませんが、冷えとりの意味やそれがもたらす効果などを知ってしまったら、履かずにはいられなくなると思います。それほど、後藤先生のお話は興味深く、説得力があるのです。

冷えとりをぜひやりたいと思っても、なかなか売っている店がないのが実践者の悩みかもしれません。専門グッズを扱う店もあり、品切れしていることも多いという繁盛ぶりです。それだけ需要があるということなのです。あなたの周りにも、こっそり冷えとりしている人がいるかもしれませんよ。